競売にかけられているマンション

したがって、そのようなケースであれば契約書を作り直す必要もなく、もちろんそのための手数料を負担することもありません。

もっとも、新しい大家さんが費用を持つということで、古い形式の契約書を新しい合理的な ものにするというのであれば、それに反対する理由もないでしょう。ただしその場合、従来の契約よりも不利に変更されるようでしたら断固として反対するべき です。

例えば、従来はペットの飼育禁止条項などがなかったのならば、新たにこれを入れさせるべきではありませんし、また前の契約書では更新時に更新料を払うとの条項がなかったのに 今度は入れるというのであれば、断ってください。画入居できなかった場合は前の家主に損害賠償請求するか代わりの物件を提供させるこれに対して契約を結んだだけでまだ鍵を受け取っておらず、入居も家具の搬入もしていないというケースでは、その契約は新しいオーナーには引き継がれません。その場合には、新しいオーナーと契約を結び直さなければ、入居することはできないことになります。そして新しいオーナーが貸してくれなければ、残念ながら入居をあきらめなければなりません。

その場合には、前の家主にかけあって損害賠償を請求するか、代わりの物件を提供させるしかありません。部屋の「引渡し」を受ければ新しい家主にも対抗できる。