隣の家の落ち葉で窓も開けられない

これに対して、枝は越境していないけれども、風で落ち葉がこちら側に流されてくるという場合には、大家さんにも伐採を求める権利はありません。
それでも、こちらが迷惑を受けているのは事実ですから、一応あなたからでも伐採をお願いしてみるべきでしょう。
でも、相手が応じてくれないようであれば、やはり大家さんにお願いをして、雨樋の開口部分にネットを張ってもらうなどの工事をしてもらい、落ち葉による被害がなくなるようにするしかあIません また、もっと手っ取り早い方法としてはあなたの方でネットを張る工事をして、その費用を大家さんに請求し、もし支払ってくれない場合はその分の工事費を前述した必要費(Ⅷページ参照)として賃料と相殺することもできます。
工事前には、大家さんに必ず事前連絡しましょう。
画調停という手段もある もっとも、越境していても大家さんが動いてくれない場合、あるいは動いてくれたとしても隣人がそれに従わない場合、さらに、大家さんが必要な工事をしてくれないという場合もあると思います。
それらの場合には、最寄りの簡易裁判所で、調停という手続きをとることをお勧めします。
調停というのは、調停委員という人の助けを受けて、話し合いによりトラブルを解決する手続この手続きではあくまで双方が合意することか前提とされており双方か納得のいく結論で合意しないかぎりは何も強制されません。
ですから、普通の裁判と比べると、かなり気楽に進めることができます。
手続きの詳細については、簡易裁判所の民事事件受付係というところに行き、相談をすれば教えてくれます。
また調停をすれば、この種の事例であれば、まず数か月で解決するのが普通です。
とりあえずは大家さんに相談する。

「レジディア目白」は、東京都豊島区にあるマンションで、地下1階、地上10階の高級感漂うマンションです。デザイナーズマンションということもあって、住人に配慮された造りや周辺環境となっており、入り口から入ると、上品な椅子やテーブルが置かれており、高級感が感じられます。また交通アクセスについては、JR山手線の高田馬場駅、東京メトロ東西線、高田馬場駅から徒歩12分、東京メトロ副都心線、雑司ヶ谷駅から徒歩12分と交通の便も良いです。周辺環境については、マンション近くの高田馬場駅周辺は学生街ということもあり、居酒屋や飲食店も比較的安い価格でボリュームのある食事を楽しむことが出来ます。さらに「レジディア目白」の1階部分には、スーパーの「よしや」やドラッグストアの「いわい」が入っているので、日用品を買うのにも不便さがありません。学習院大学や早稲田大学へのアクセスも便利ですので、学生の方へもおすすめすることが出来ます。その他の特長と致しましては、エアコンや温水便座付きのトイレが設置されていることなどの快適さやセキュリティ面に関しては、マンションのエントランス部分がオートロックになっており、また各部屋にはモニター付きのインターホンが設置されており、女性の方にも配慮された設計となっているのも特長です。

Comments are closed.